接種証明書(電子版)

電子(スマートフォン)での交付について

令和3年12月20日から、日本政府が公式に提供するアプリにより、スマートフォン上で申請、取得、表示が可能となりました。

file-12542.jpg

このアプリでは、「日本国内用」と「海外用」の新型コロナワクチン接種証明書を取得できます。

いずれにも氏名、生年月日、接種記録(ワクチン名・ロット番号・接種日等)が記載されます。
また、偽造防止のための二次元コードも表示されます。
なお、「海外用」には、それぞれの情報に加えて、旅券の国籍や旅券番号も記載されます。

file-12532.jpg

よくある質問(デジタル庁ホームページ)

接種証明書(電子版)の発行に必要なもの

1.スマートフォン

マイナンバーカードの読み取り可能なスマートフォンが必要です。
※マイナンバーカード読み取り可能なスマートフォンは、地方公共団体情報システム機構が対応機種を公開しています。 

詳しくは、地方公共団体情報システム機構のホームページ・よくある質問〈外部サイト〉をご覧ください。

2.マイナンバーカード

接種証明書(電子版)の申請には、マイナンバーカードと券面事項入力補助APの4桁の暗証番号(※マイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字)が必要です。

マイナンバーの申請についてはこちらからご確認ください。

※マイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまでに1か月程度かかりますので、早めに申請し受け取りいただくようお願いします。

3.パスポート(海外用を発行する方)

海外用を発行する方は、パスポートが必要です。

接種証明書(電子版)の取得手順

スマートフォンに接種証明書アプリをインストール(APP store または Google playからダウンロード)

file-12542.jpg

・アプリの利用については、こちらをご確認ください。

接種記録の補正について

接種記録は、接種した医療機関等で入力を行い市で確認を行ったものですが、その接種記録に疑義がある場合、接種記録がわかる書類(接種済証等)を窓口に提示等することにより接種記録の真偽を確認し、必要に応じ接種記録を補正します。

接種記録に疑義がある方は、西条市新型コロナワクチン接種対策室(0897-52-1228)までお問合せください。

接種証明書の保存・印刷について

接種証明書アプリでは接種証明書を画像で保存することができます。証明書の詳細画面の「この証明書を画像として保存」をタップして画像で保存できます。

バージョン1.4.0以降の接種証明書アプリで発行された接種証明書を画像で保存することができます。

二次元コードを鮮明に印刷するために、印刷する際には、A4サイズで印刷することが推奨です。
(なお、市区町村の窓口で接種証明書を書面で発行する際には通常はA4サイズで印刷することとなっています。)

接種証明書の画像保存方法

手数料について

当分の間無料(ただし、アプリのインストール時や申請における通信料等は、申請者ご自身の負担となります。)

年末年始に接種証明書の利用を予定されている人はご注意ください

年末年始期間中もアプリによる接種証明書(電子版)の交付が可能です。

ただし、マイナンバーカード発行時に設定した4桁の暗証番号を一定回数連続して間違えロックがかかった場合や、電子交付の対象外の場合は、市窓口での手続きが必要となりますので、海外渡航など、年末年始に接種証明書の利用を予定している場合は、早めに接種証明書を申請するようお願いします。